自分でアンテナ工事|テレビの映りが悪くなってきたらテレビアンテナを確認しよう|ロゴロゴロ

自分で地デジアンテナ工事を行うときの危険性

自分でアンテナ工事

作業員

自分で設置するのは危険

地デジを視聴するために地デジアンテナ工事を自分で行おうとする人はたくさんいます。しかし自分でアンテナ工事を行う場合、様々な危険性を伴います。自分でアンテナ工事を行う際に予想される危険について見ていきましょう。

転落の危険

まず最もよくおこりがちなのがアンテナ工事に伴う転落です。地デジなどのテレビアンテナは屋根や壁などに設置することがほとんどです。ベランダの手すり部分や低い位置で工事を行うのであれば転落の危険性はそこまで高くありませんが、屋根や壁の高いところに設置するとなると転落の危険性が一気に上がってしまいます。屋根や高所での作業は不安定になりがちです。設置を行う際はもちろん、アンテナ設置に必須の微調整を行う際にも転落する可能性はあります。

アンテナが落下してしまう可能性

自分でテレビアンテナの設置を行った場合、設置したアンテナが落下してしまう危険性もあります。アンテナの設置は専用の工具を使用し行っていきますが、作業に慣れていないと加減がわからず固定を充分に行わないままで完了させてしまいがちです。テレビのアンテナは外に設置するものなので、晴れている日などは良いのですが、雨の日や風の強い日にはそれらの影響で落下する可能性が高くなります。テレビアンテナは重量があるので落下したアンテナが人や物に当たってしまうと大変危険です。こういった危険性を考慮した場合、アンテナの設置は専門業者に任せるのが一番だと言えますね。

広告募集中