業者の選び方|テレビの映りが悪くなってきたらテレビアンテナを確認しよう|ロゴロゴロ

テレビアンテナ工事を依頼するときの業者を選ぶときのポイント

テレビの映りが悪くなってしまったら

テレビの映りが悪くなってしまうのには様々な原因があります。そんなときにすぐに対応するためにはどこを確認するべきか把握しておくことが大切です。テレビの映りが悪くなってしまったときに確認するべき重要なポイントについてみていきましょう。

映りが悪いときに確認するポイント

アンテナ

何だかテレビの映りが悪いなと感じたときはいくつか確認するべきポイントがあります。一つめがテレビアンテナです。アンテナがズレていないかを確認しましょう。またテレビアンテナが破損していないかも確認しましょう。

ブースター

ブースターはテレビの電波を増やすための機械です。ブースターがあると電波が弱い場合もしっかりと地デジ放送を楽しむことができるのですが、ブースターに異常があったり接触不良が起きたりしていると映りが悪くなります。

分配器やケーブル

アンテナを複数のテレビにつなげて楽しむ際に活躍してくれる分配器。この分配器の故障もテレビの映りに影響するので重要なポイントになります。また、アンテナとテレビをつなぐアンテナケーブルもチェックするようにしましょう。

テレビ周り

アンテナやブースターなど機械の故障でなく、ちょっとしたミスが原因でテレビの映りが悪くなってしまっている場合も少なくありません。コードやケーブルはきちんと差し込まれているか、設定はあっているかをチェックしましょう。

業者の選び方

男の人

複数の業者を比較しよう

テレビアンテナ工事を依頼する業者を選ぶうえで一番大切なのが、ひとつの業者だけでなく、複数の業者を比較して選ぶということです。料金はもちろん、設置後の保障やサポートの充実具合など、あらゆる面を比較し検討することが大切です。

実績を確認しよう

ホームページなどに掲載されている実績を確認しておくことも非常に重要です。その業者は今までどれだけのアンテナ設置工事を行ってきたのかをしっかりと確認しておきましょう。工事の様子や実際に設置した例を写真で確認できると尚良いかもしれませんね。

お客さんの声を確認しよう

お客さんの声も業者を選ぶうえでとても参考になります。その業者のホームページに掲載してある利用者の声を参考にするのもいいですし、ホームページに掲載されているものは参考にならなそうと感じるのであれば口コミなどを検索してみると良いでしょう。

広告募集中