種類と設置場所|テレビの映りが悪くなってきたらテレビアンテナを確認しよう

地デジアンテナ工事を行う場合の設置場所について

種類と設置場所

テレビ

八木式アンテナ

地デジアンテナ工事を行う際に使用するアンテナは大きくわけると室外用と室内用に分かれまが、一般的に多く普及しているのは室外用のアンテナになります。その中でも特に多いのが八木式アンテナと呼ばれるものです。この八木式アンテナはアナログ放送時代にも使用されていました。安く購入できて様々な電波をキャッチすることができる優秀なアンテナです。

デザインアンテナ

そんな八木式アンテナですが、お世辞にもデザイン性に優れているとはいえません。設置する家の外観によっては景観を著しくそこねてしまいます。そんな八木式アンテナの欠点を補う形で登場したのがデザインアンテナです。デザインアンテナはデザイン性に優れた様々なデザインのものが発売されています。また、デザインだけでなくカラーバリエーションも豊富です。

屋根に設置する場合

アンテナの種類が決まったら設置する場所を決めていく必要があります。室外用のアンテナはほとんどの場合屋根か壁に設置します。地デジ放送を存分に楽しみたいのであれば建物の中で一番高い場所にあたる屋根に設置するのが一番です。屋根に設置することで遮断物の影響を受けることがなくなり、電波を安定的に拾うことができるようになります。ただ、屋根へのアンテナの設置は危険を伴うので専門の業者に依頼するようにしましょう。

壁に設置する場合

出来るだけアンテナを目立たせたくない場合や屋上にアンテナを設置するのが困難な場合は壁に設置するのもアリです。壁へ設置する場合、遮断物の有無や方向によって電波の受信強度が異なってくるので場所選びが重要になります。また、壁に穴をあけるなどして設置する場合、自分で行うと空けた穴から雨漏りが発生してしまう場合があるので、この場合も専門の業者に依頼すると良いでしょう。

広告募集中